キャンペーンコードで7日間or30日間の無料お試し体験!!

今日はキャンペーンについてお話します。スタディサプリEnglishに登録すると7日間もしくは30日間無料でアプリをお試しできちゃう期間があるんです!7日と30日なら断然30日間無料の方が良いような気がしますよね?

でも本当に、30日間無料の方で良いんですか???

なぜそんなことを聞くのかと少し身構えてしまったかもしれませんが、本当に良いのかと聞く理由があるんです!その理由については次で紹介しますね。

7日間無料お試し+amazonのギフト券がもらえるキャンペーン

皆さん、amazonや楽天、ヤフーショップなどのネットショッピングでお買い物をしたことはありますか?最近はそれだけでなくメルカリやミンネなどの手作り品の売買をすることができるネットショッピングアプリもありますが…大手はやっぱりamazonですよね。

実は、スタディサプリEnglishでキャンペーンが開催されている時に、とある条件を満たした申し込みを完了させてしまえば、先着5000人の方にamazonのギフト券1,000円分が贈呈されるようなんです。とある条件については下を見てください。

Amazonのギフト券をもらう条件
  • キャンペーン期間中であること
  • 7日間無料から利用開始
  • 12ヶ月プランの選択
  • 先着5000人内であること

たったのこれだけなんです!簡単ですよね。登録時に12ヶ月プランを選択して、7日間無料の期間を経て12ヶ月プランのお支払いを済ませるだけなんです。

ただし、7日間無料の時点で解約された方はキャンペーンの対象外となってしまいますので注意が必要ですね。

無料でお試しはしたいけどamazonのギフト券はいらないなぁ…という方も居ることでしょう。そんなときにはキャンペーンコードです!使わないともったいないですよ~(笑)

いつかは使えなくなるかも!?今のうちに無料お試し30日間!

実は先ほども紹介したとおり、スタディサプリには無料お試し期間を延長できる、キャンペーンコードが存在しているんです!

amazonのギフトは先着順ですし、そもそも7日間しか無料にならないんですから、amazonのギフト券が必要なければ30日間無料の方が嬉しいですよね。

と、いうのも…このキャンペーンコードとamazonのキャンペーンは併用ができないんです。なのでamazonを選ぶか30日間無料を選ぶかのどちらかしかないんですね。

キャンペーンコードの使用方法もとても簡単!スタディサプリの登録時に入力するだけで使えるんですよ。このように簡単に登録できちゃうのも魅力的ですよね。キャンペーンコードといってもそんなに長くないコードですし、手間もそんなにかかりません。

キャンペーンコードは下のピンク色のボックス内に書いてあります。

30日間無料になる
キャンペーンコード:TRY2016

ここでおや?と気づかれた方も居るかもしれませんね…。キャンペーンコードには『2016』の文字があるんです。ですが2018年現在でも使用することはできますので安心してください!

ただ、2016年から実施されているキャンペーンコードという事なので、いつ使えなくなるかはわからないんです。登録しようか悩んでる方は、せっかくのチャンスです!使えなくなる前に使用することをオススメします。

スタディサプリに登録するのは簡単

ここまでみてきてこれだけ豊富なツールですし、登録してみようかなと感じている方も結構いらっしゃるのではないでしょうか?でもどんな手続きが必要になるのか気になりますよね!ここではスタディサプリの登録方法の詳細を紹介していきます。

まず、スタディサプリはスマホまたはパソコンから登録することが可能ですのでどちらかを用意してください!登録するときには少なからず入力項目はあるものなんですよね。

正直めんどくさいという方も居ると思いますが5分~10分程度で登録は完了できますよ~。めんどくさいけど英語は学びたい…それならいつ登録するの??今でしょ!!(笑)

めんどくさいことは先に済ませてしまいましょう。と、いうことで登録時の入力・チェック項目などの紹介をさせていただきますね。下の青枠で確認してください。

簡単登録項目
入力項目

  • パスワード
  • 名前
  • 生年月日
  • 支払い方法
  • キャンペーンコード

※『7日お試し+amazon取得』なら支払い方法は12ヶ月払いに。『30にちお試し』なら支払い方法は自由選択後、キャンペーンコード(TRY2016)を入力。

チェック項目

  • コース選択(英会話orTOEIC)
  • 性別
  • 自動ログインの可否
  • メールマガジン配信の有無
  • 保護者同意の有無(未成年者)

ログインするのに必要なIDがある!

登録を済ませた後はついにログインです!意外とここで躓く方も多いようなので詳細を調べてみました。必要なIDって一体なんなのでしょうね…?

有料料金がかかってくる以上、必要になってくるのがIDやパスワードです。多くのSNS上でも個人情報保護のために必要とされていますよね。スタディサプリも例外ではありません。

早速スタディサプリに登録しようと登録を進めているうちにたどり着くのが『リクルートID』なんです!

リクルートIDを過去にどこかで登録したことがある人にはあぁ、あれね!と思い当たる節があるかもしれませんね。でもリクルートIDを持っていない人からするとなんのこっちゃ…というのが正直なところだと思います。

実はこのスタディサプリ、登録するに当たってリクルートIDが必ず必要になってくるんです。なぜならスタディサプリはじゃらんやゼクシィ、カーセンサーなどの情報誌を手がけているリクルート社が運営しているからなんです。

リクルートIDは無料で登録することができますし、もちろん登録することでメリットもあるんですよ。ローソンやゲオでPontaカードを使っている人にはとても良い情報ですよ~。

リクルートIDのメリット
  • リクルートが運営するサイトにIDを使ってログインすると、ポイントがたまる
  • 貯めたポイントは、Pontaポイントに交換できる
  • 登録はとっても簡単にできる

日々忙しく過ごしている多くの方が気になるのは、どのくらい時間を割く必要があるのか…ですよね?安心してください!そんなに時間をとられることもないんですよ。登録時間は…大体5分くらいです!5分なら隙間時間でなんとかなりそうですよね。

ポイントの1つ1つは小さいですが、チリも積もれば山となるんです!ためて損はないですよね。リクルートポイント1ポイントにつきPontaポイントも1ポイントになります。Pontaカードに貯まったポイントは1ポイント1円として使えるのでどんどん貯めちゃいましょう。

リクルートIDを登録する際は、わざわざ検索する必要はありません。スタディサプリに登録後、ログインするのにリクルートIDの入力画面が出てきますので、IDを持っている人はそのまま登録、持っていない人は新規登録を押せば良いんです!

リクルートIDの登録も簡単にできまるのでその手順を紹介しておきますね。

リクルートIDの登録手順

  1. リクルートID(自分のメールアドレス)を入力(受信制限をされている場合 point.recruit.co.jp からのメール受信を許可する必要があるので注意。)
  2. 規約等を読み、上記に同意して仮登録メールを送信をクリック
  3. 登録したアドレスにメールが送られてくるので、文中に記載されているURLをクリック
  4. パスワード、名前、生年月日、性別、自動ログインの可否、メールマガジン配布の有無を入力
  5. 規約等を読み、上記に同意して確認画面へをクリック
  6. 入力した情報を確認し、登録するをクリック

リクルートID=メールアドレスなので、何種類かアドレスを所持している方はどのアドレスを使ったか忘れないようにメモでもしておきましょう。

また、リクルートポイントからPontaポイントに交換するためにはPontaWebにてリクルートID(メールアドレス)とリクルートID登録時のパスワードが必要になってきます。

スタディサプリのパスワードではないので同時登録で別のパスワードにした時には注意が必要ですね。

 

しっかりとキャンペーンを活用するとお得がいっぱいなのでぜひ参考にしてください!

スタディサプリイングリッシュの口コミや評価などが気になる方はこちらもどうぞ